藤沢市では廃棄物の減量化、資源化を促進するとともに、廃棄物を適正に処理することにより、資源循環型社会の構築、生活環境の保全及び公衆衛生の向上を図り、もっと良好な都市環境の形成に寄与することを目的とする為に、缶・なべ類・ビン・本・雑がみ類・ペットボトル・廃食用油・段ボール・商品プラスチック、大型商品プラスチック、
使用済小型家電、プラスチック製容器包装、新聞等折込広告・飲料用紙パック・古布類などが資源として無料回収され処理されます。

Resource

藤沢市では廃棄物の減量化・資源化を促進するとともに廃棄物を適正に処理することによって、資源循環型社会の構築・生活環境の保全及び公衆衛生の向上を図り
もっと良好な都市環境の形成に寄与することを目的としています。そのために、カン・なべ類・ビン・本・雑紙類・ペットボトル・廃食用油・段ボール・商品プラスチック・
大型商品プラスチック・使用済み小型家電・プラスチック製容器包装・新聞等折込広告・飲料用紙パック・古布類等が資源として無料回収されています。

ごみの分別

藤沢市では、複雑化したごみや資源の分別方法、
収集日程を分かりやすく伝えるため、「ごみ検索システム」ができました。また、スマートフォン用アプリ「ごみ分別アプリ」では区域別の収集日程カレンダーをはじめ、毎日の収集品目を各自が設定した時刻に通知してくれる「アラーム機能」も用意。
「ごみ分別辞典」の機能では、約750点の製品について、それぞれがどの品目に該当するか検索できます。
詳しくは↓こちらを。
ごみ検索システム

市民の皆さまへお願いです

プラスチック製容器包装は、全ての袋を破って中身を確認し、プラスチック製容器包装と異物に選別します。あくまでも手で選別しているので、注射針、包丁、鋸、カッター
、カミソリ、鎌等の刃物は入れないでください。

※本・雑紙の収集が変わりました

2016年4月から同じ分類の「本・雑がみ」として戸別収集します。
本・雑がみの出し方・・・・・・本と雑がみを束ね、必ずひもで十文字に縛って出してください。
例)細かな雑がみは本やノートなどに挟み、束ねてひもで縛る
紙袋に本やノートなどを入れてひもで縛る
シュレッダー紙は、散乱しないように紙袋か大きめの紙に包んでひもで縛る(紙袋がない場合はビニール袋でも可)

収集日 ・ 収集場所
収集日・・・・・・不燃ごみ・商品プラスチックと同じ日です(雨天時も出せます)
収集場所・・・・戸建ては玄関先など、集合住宅は入居者専用集積所に出してください
本・雑がみは不燃ごみなどと収集時間が異なりますので、午前8時までに出してください
以上、ご協力お願いいたします。

くわしい資源の出し方は、こちらの↓藤沢市環境事業センターのyoutubeをご覧ください。
○ シティープロモーション「ふじさわキュンダンス(環境部)」編
○ ごみと資源のなぜ「特に気をつけて」編
ごみと資源の分け方・出し方
 「ペットボトル・カン」編
○ 「廃食用油」編
○ 「ペットボトル」編
○ 「カン・なべ類」編
○ 「プラスチック製容器包装」編
○ 「ビン」編
○ 「可燃ごみ」編
○ 「大型ごみ・特別大型ごみ」編
○ 「その他資源」編
○ 「本・雑がみ」編
○ 「商品プラスチック」編
○ 「不燃ごみ」編
○ 「剪定枝」編
○ 「特定処理品目」編
ごみと資源のなぜ
○ 「資源に出すとき」編
○ 「資源のゆくえ」編
○ 「特に気をつけて」編
ごみの減量・資源化
○ 「雑がみ入れの作り方」編
○ 「最終処分場の現状」
 「電動生ごみ処理機」編
 「キエーロ」編
○ 「コンポスト」編
○ 「4つのお願い」編
周知・啓発
○ 「分別啓発火災防止」編
○ 「不法投棄防止」編

実際に見ることで・・・・
こちらの施設では、実際に作業している工程が生で見れますので、ぜひ遊びに来てください。
→工場見学