湘南のここちいい家づくり相談

地元の工務店で家を建てた人の声|平塚 / Aさん

声
contents

本物の職人たちと作り上げた理想の家  平塚 / Aさん

これまでマンション暮らしだったAさん。新居に移ってからというもの、お子様たちが元気に室内を駆け回っている姿を見て、「建ててほんとによかった」と思ったそうです。
グレーの落ち着いた壁面にウッドデッキと外構のルーバーの木目とが印象的な外観。
玄関扉を開けると、まずもって感じられるのは、床に貼られている木の香り。そして、漆喰の壁の匂い。深呼吸したくなるいい匂い。
「自然素材を用いているせいか、室温や湿度も安定しているようでとても心地いいです」。とAさん。
お子様の誕生をきっかけに考え始めたAさんの家づくりにとって大事だったことは、作る人への信頼感。
技術者のご主人と、身近の方に大工さんという環境で育った奥様にとって、建築を依頼するならモノづくりの大切さをわかりあえる人たちと進めたいと考えていたそうです。
依頼した建築会社は、家づくりの思想に共感でき、技術に定評があったところ。
実際建ててみて、細部にわたってきめ細やかな作り、そして職人の技術力の高さに驚いたそうで、尊敬の念を抱くほどとのこと。
理想の家で笑顔がこぼれます。
Kokochieは土地探しと工務店探索の両面でお役に立つことができました。

辻堂
落ち着いたグレーの塗り壁の外観。「あえて軒の庇を長めにとりました。少しの雨なら窓を開けて過ごしても雨の侵入はなくって便利です」。外構の木張りのルーバーとがマッチ。
辻堂
「自由なスペースをつくりたかった」リビングの一部、階段につながるところを小上がりにして一段あげました。遊んだり、勉強したり、読書したりと。階段のデザインは室内のアクセント。
辻堂
杉の無垢材と漆喰仕上げの壁が鼻腔をくすぐるいい香り。深呼吸したくなる空間です。「部屋が明るくって、夕暮れになるまで明りをつけなくて過ごせるんです」と。
辻堂
壁面に白いタイルを貼って、造作の収納棚にカウンターを設けました。「アイランド式のキッチンの両脇が通れるようにしたのが正解でした」と奥様。
辻堂
1階和室には、障子越しにやさしい光が差し込みます。この部屋はやすらぎの時間をもたらしてくれたり、来客用スぺースとしても活躍しそう。
辻堂
リビングの掃き出し窓から直接出られるウッドデッキ。Aさんのたっての希望のBBQはこちらです。夏にはプール遊びも!
辻堂
子供部屋は、将来的にふたつに分けることを念頭に扉はふたつ付けました。
辻堂
寝室には、小窓を設けて子供部屋や階下の様子がうかがえるようにしました。
辻堂
おしゃれな手洗いボウルを取り付けました。美しく、清潔感アリ。
地元の工務店で家を建てた人の声
line
copyright(c) 2007 Sakuragaoka inc. All rights reserved. ...