湘南のここちいい家づくり相談

地元の工務店で家を建てた人の声|藤沢 / Oさん

声
contents

昭和レトロ×フレンチアンティークな家 藤沢 / Oさん

Oさんの家づくりのコンセプトは、「新築なのにどこか懐かしいレトロな雰囲気の家」
加えて、もうひとつ。賃貸併用住宅にしたい!そうした家づくりを実現したいということで『kokochie』に来てくださいました。
家を持つならば、居住部分と賃貸部分を自宅に持ち、貸し出すことでローンの支払いが楽になることに着目。これを実現した住まい作りが完成です。
フレンチカントリー家具や昭和レトロなインテリアが好きなOさんの嗜好に合わせて、外観や内装をデザイン。
玄関ドアや建具はほぼ自作のオリジナルデザインのドア。
内装は、床には無垢のパイン材ををオフホワイトのの自然塗料で塗装しています。
壁には珪藻土が塗られ、一部は白くペイントした木の板が張られています。
塗装は施主自ら施工。本人はもちろん友人、kokochieスタッフも助っ人に参加。
レトロな雰囲気のこの家、2階は賃貸部分。ワンルームを2部屋設けて貸し出し中。
そこも床にパインの無垢材を使ったり、建具にも明るい色味のものをセレクトしたりと全体のイメージを統一しました。 
土地探しはとても時間がかかりましたが、何と見つかり、土地を見つけ地元工務店と、着々と進めてきた家づくり。
完成してすぐ賃貸部分の入居者もめでたく決定しました。
「2階賃貸部分の収入の合算で、借り入れ金額の返済を超えました。」と言うからすごい。
また、家のこれから風合いの変化がとても楽しみです。
【写真はクリックすると拡大します】
辻堂
フレンチ感覚の外観、おしゃれに仕上がりました
辻堂
あまり広くとれない玄関スペース、室内の印象を感じとれるよう工夫
辻堂
室内は床はパイン、壁は珪藻土、ほぼ自作で塗りました。大変だけど楽しかったです。
辻堂
昭和の建具を探し出し、自分で白く塗りました。
辻堂
リゾートっぽい雰囲気がでてるといいけども
地元の工務店で家を建てた人の声
line
copyright(c) 2007 Sakuragaoka inc. All rights reserved. ...